2018年02月04日

目的意識の高い人に囲まれて!

研修会2日目「福祉用具適合に必要な上肢機能評価」
今日はOTさん3名と一緒のワークです。
1517747478670.jpg
食事をする時、私たちはどの筋肉を使ってモノを口に運んでいるでしょうか?
「右手でスプーンを握り、左手はお皿に添える」の姿勢がスタート、口に入れるまでの動作を8コマに分けてどの筋肉を使っているか、其々書き出すワークです。みなさんすごく真剣です!
どの筋肉を使って動かしているか頭の中に叩き込んでおかないと評価はできない、一つでもかけると0点だと先生の厳しいお言葉。上腕三頭筋、尺側手根屈筋・・・・難しい言葉が次々と!それはどこですか?との私の質問にみなさん優しく教えてくださいます。

コミュニケーション・ICT関連機器に必要な上肢機能評価です。利用者の残存能力によって操作スイッチをえらばなければいけない。操作スイッチの機能について!昨日は「てこの原理」で今日は「電子工作」。筋ジス患者等に使い易くスイッチやコントローラーを工夫しなければならないので、その原理を知っておく必要があるそうです。OTが作る事を目的にしているのではなく他に依頼する場合、利用者の残存能力とテクノエイドの適合を見極める知識が必要。
1517747467136.jpg

午後からは、障がのある方のコンディショニングを先生が施術し、一つひとつの行為の意味を説明しながら進められました。OTさん達は食い入るように見て、メモして、場所を変え、メモしてと・・・
意識が高い!嬉しくなります。
知識だけでなく、知り合いも増え、ネットワークが広がりました。ワクワクした2日間でしたが、つかれました。(^_^)
posted by reiS at 22:49| Comment(0) | 日記

2018年02月03日

一人の介助者で車いすの階段昇降

今日、明日と2日間「福祉用具適合のための上肢動作評価」の研修会です。
適合・分析手法の基礎と応用を学びます。当事者も参加しての研修は得るモノがとても多い。
1517662655765.jpg
この研修会はいつもグループワークを行うためにアイランド形式のテーブル配置ですが、今回は席も決められていて私はど真ん中の一番前、遅刻した私には冷や汗ものでした。なぜ、席が決められていたか進行するについけ判ってきました。
今回のテーマは「上肢」肩・腕・手・指の屈曲や伸展等の動作をおこない筋肉の反射を分析して状況を把握するところから始まります。当然私には解りもしませんが、隣席や向席はOTさんに丁寧に教えていただけました。

驚いたのは上肢機能評価に必要な力学として「てこの法則」が取り上げられたこと。第1のてこ、第2のてこ、第3のてこに該当する福祉用具をグループでピックアップするワークは思った以上に難しかった。
午後からは、車いすに必要な上肢機能評価。ジョイスティックレバーの操作動作分析もまた難しい
最後に手動車いす操作トレーニング手法として、車いすのこけ方と一人の介助者で車いすの階段昇降
1517662635873.jpg
1517662682888.jpg
安全にこける一人で階段昇降のサポート出来る!驚きの連続でした。
難関なワークも多いのですが、ワクワクさせたれる研修会です。
posted by reiS at 22:59| Comment(0) | 日記

2018年02月01日

飛鳥の現場

昨日は飛鳥のグループホームの家具工事の打合せ。現場では外壁は仕上り内装工事の真っただ中。3月末の竣工に向かって急ピッチで作業が進んでいます。
1517352050364.jpg
1517352025749.jpg

次の現場は東大阪、配筋検査の立会です。基礎にアンカーボルト取付ける作業員さんはこの寒さの中ご苦労様です。
1517352011078.jpg
posted by reiS at 04:39| Comment(0) | 日記