2018年07月09日

家 住み慣れた家で暮らしていくために・・・

昨日、大阪市立住まい情報センター3階研修ホールにて介護保険による住宅改修を賢く利用していただくためのセミナーを開催しました。
180708-1.JPG
大阪北部地震・集中豪雨など天候を心配していたのですが、多くの方にお越しいただけました。
今回は介護保険を利用して住宅改修をする時トラブルに合わないため、5つのトラブル事例にスポットをあてた内容にしました。
寸劇も入れてお話をさせていただきましたので笑い声もありの楽しいセミナーになりました。トラブルの原因がわかれば、回避は可能!
IMG_3314.JPG
(株)マツ六から手すりサンプルをお借りし、手すりを握って違いを知る体験も、手すりを身近に感じていただけたと思います。
180708-3.JPG
posted by reiS at 13:18| Comment(0) | 日記

2018年07月05日

ご家族・ご近所に単独高齢者がいらっしゃる方は必見です!

チラシ1.jpg
住み慣れた家で暮らしていくために・・・
7月8日(日)13:30〜15:30
大阪市立住まい情報センター3階ホールにて
「介護保険による住宅改修 トラブル回避術!」講座開催
今年も私が講師を務めます。

介護保険の住宅改修で「できる工事」「できない工事」
悪質な住宅改修事業者に騙されないために・・・
いざという時に困らないポイント
トラブルを回避するために知っておくとこと等をお話しします。

講座申込先「住まい・まちづくり・ネット」
http://www.sumai-mathi-net.com
TEL 06-6242-1160





posted by reiS at 06:35| Comment(0) | 日記

2018年06月25日

「災害時のマンション生活を考える」セミナーに参加

180623 セミナーブログ用.png
6月23日大阪市住まいの情報センターで開催された「災害時のマンション生活を考えよう〜ハード、ソフト、そしてハートを考える〜」に参加。講師はマンションライフ継続支援協会副理事長の鍵屋一氏。
今、災害時に求められているものは「受援力」。いざというときに助け合える関係、助けを求められる環境が肝心、災害時のマンション生活についてワークショップで考えるセミナーです。

東日本大震災や熊本地震の教訓を基にマンションに特化して課題や防災を考えます。テーマはマンションで「在宅避難」し、生活を継続するためにどんな準備が必要か。6/18の被災者の方も参加されていて、当日の行動やその後の様々な手配等の話をお聞きすることもできました。約400世帯、自治会とは別に防災会があり、住人の安否確認、役所等関係機関への連絡等・・・マンションは特に近助・共助のネットワークを作っているかいないが、災害時の生命や災害後の生活を大きく左右することを思い知らされました。
posted by reiS at 13:39| Comment(0) | 日記