2018年07月30日

脳血管障害への医学的リハ・用具支援

昨日、セラピストさんに混じって脳血管障害へのアプローチセミナーに参加。
医学的リハと福祉用具支援での身体機能評価とポジショニングを学びました。
C719FE22-FAAD-4D28-B875-AB3CE7DE627E.JPEG
車いすやベッドなどの「ポジショニング」は褥瘡防止に重きをおかれているようですが、身体機能に障害を持ちながら社会環境の中で生活を送るために必要なコンディショニングの事。
それは、身体への負担の軽減・除去だけでなく、有害な環境因子の改善・除去も含まれる。

logo_org[1].png
今回のセミナーでは歩行支援ロボットFREE Walkを装着体験できる予定だったので楽しみにしていたのですが、台風の関係でロボットが届かず次回に持ち越されました。残念!

このセミナーで知り立った若いセラピストさんたちはとても熱心!
一緒に学んでいて楽しくなりますハート(トランプ)
posted by reiS at 09:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: