2018年06月25日

「災害時のマンション生活を考える」セミナーに参加

180623 セミナーブログ用.png
6月23日大阪市住まいの情報センターで開催された「災害時のマンション生活を考えよう〜ハード、ソフト、そしてハートを考える〜」に参加。講師はマンションライフ継続支援協会副理事長の鍵屋一氏。
今、災害時に求められているものは「受援力」。いざというときに助け合える関係、助けを求められる環境が肝心、災害時のマンション生活についてワークショップで考えるセミナーです。

東日本大震災や熊本地震の教訓を基にマンションに特化して課題や防災を考えます。テーマはマンションで「在宅避難」し、生活を継続するためにどんな準備が必要か。6/18の被災者の方も参加されていて、当日の行動やその後の様々な手配等の話をお聞きすることもできました。約400世帯、自治会とは別に防災会があり、住人の安否確認、役所等関係機関への連絡等・・・マンションは特に近助・共助のネットワークを作っているかいないが、災害時の生命や災害後の生活を大きく左右することを思い知らされました。
posted by reiS at 13:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: