2018年02月04日

目的意識の高い人に囲まれて!

研修会2日目「福祉用具適合に必要な上肢機能評価」
今日はOTさん3名と一緒のワークです。
1517747478670.jpg
食事をする時、私たちはどの筋肉を使ってモノを口に運んでいるでしょうか?
「右手でスプーンを握り、左手はお皿に添える」の姿勢がスタート、口に入れるまでの動作を8コマに分けてどの筋肉を使っているか、其々書き出すワークです。みなさんすごく真剣です!
どの筋肉を使って動かしているか頭の中に叩き込んでおかないと評価はできない、一つでもかけると0点だと先生の厳しいお言葉。上腕三頭筋、尺側手根屈筋・・・・難しい言葉が次々と!それはどこですか?との私の質問にみなさん優しく教えてくださいます。

コミュニケーション・ICT関連機器に必要な上肢機能評価です。利用者の残存能力によって操作スイッチをえらばなければいけない。操作スイッチの機能について!昨日は「てこの原理」で今日は「電子工作」。筋ジス患者等に使い易くスイッチやコントローラーを工夫しなければならないので、その原理を知っておく必要があるそうです。OTが作る事を目的にしているのではなく他に依頼する場合、利用者の残存能力とテクノエイドの適合を見極める知識が必要。
1517747467136.jpg

午後からは、障がのある方のコンディショニングを先生が施術し、一つひとつの行為の意味を説明しながら進められました。OTさん達は食い入るように見て、メモして、場所を変え、メモしてと・・・
意識が高い!嬉しくなります。
知識だけでなく、知り合いも増え、ネットワークが広がりました。ワクワクした2日間でしたが、つかれました。(^_^)
posted by reiS at 22:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: